柿の一生!?

玄関の前に小さな柿の木がある。

毎年実をつけているのに、去年は一個も実がならず、ひょっとして枯れるのかなと思っていたところ、今年はたくさんの実をつけた。

IMG_0750

で、熟したのがこちら

IMG_0796

甘柿なので、皮をむくとゴマが入っている。

IMG_0801

で、渋柿ではないけれど、干してみることに。

IMG_0806

柿は全部収穫せずに、野鳥用に残しておくものらしいが、あちらもそんなことは百も承知で、収穫前から熟したものをついばみに来る。

で、こんな感じになる、、、

IMG_0803

ブレグジットとジブラルタルと領土問題

イギリスが欧州連合(EU)から離脱する期限(2019年3月末)が迫っていますが、イギリス国内では離脱の方法をめぐって意見が分かれ、EUとの関係でもまだ重要な問題が未解決のままです。
    
おまけに、このところの悲観的な経済予測に後押しされて、再度国民投票をという主張も根強くなってきていて、なかなか着地点が見えませんね。

日本ではあまり報道されていませんが(というより、日本経済に直接の関係がないのでほとんど報道もなされていませんが)、イベリア半島(スペイン)先端のジブラルタルの帰属も、イギリスとEU(=スペイン)との間で異論が生じている火種の一つです。

ジブラルタルがイギリスの植民地として認められたのは1713年のユトレヒト条約ですから、二百年も前のことです。

ジブラルタルは、大きさでいうと、神奈川・三浦半島の先っぽ(油壺から先の部分)程度しかなくて、面積も6.5平方キロ(南北5キロ、東西1.2キロ)と、限定された狭い地域なのですが、

イギリスは、自国の領土だとして共にEU離脱を主張し、
スペインは、占領された植民地だとして返還を求め、
住民は、イギリス帰属を支持しながらもEUからの離脱には反対、、、

といった状況です。

ちなみに、ジブラルタル海峡の一番狭いところはわずか14キロほど、
東京湾アクアラインの長さはトンネルと橋を合わせて15キロほどです。

東京湾の湾口の幅は約20キロ、一番狭い浦賀水道で幅10キロほどとされているので、ヨーロッパとアフリカという二つの大陸が、東京湾を挟んだ神奈川と千葉みたいな距離にあると考えればわかりやすいでしょうか。

ジブラルタルは地中海から大西洋への出口に楔(くさび)を打ち込むように突き出ていて、ここを押さえれば地中海を含めた制海権を手中にできる可能性があるため、古代から海上交通の要衝として、激しい争奪戦が繰り返されてきた土地でもあります。

昨年(2018年)11月にイギリスとスペインの間で、とりあえず現状維持ということで暫定協定が締結されましたが、あくまでも暫定なので、2年間の猶予期間が経過したあとは論争の再燃は必至、、、

国際問題で一番の難問は、領土問題でしょうね。

日本の戦国時代の国のぶん取り合戦のように、欧州も領土を取ったり取られたりで、これまで国境線もめまぐるしく変わっています。スイスの公用語が4つ、ベルギーは3つあるように、複数の公用語があるところが珍しくないことも、それを示しています。

で、この領土や国境を論じ始めると収拾がつかなくなるので、とりあえず第二次世界大戦終了時の国境で凍結して、余計なことはいわないようにしようとしてまとまったのが、現在の欧州連合です。大人の対応ということでしょうか。

領土問題に手をつけると、パンドラの箱を開けるみたいに、欧州の共同体などあっというまに空中分解してしまいかねませんからね。

半世紀ほど前の1969年、西側と敵対する同じ社会主義国同士の旧ソ連と中国の間で中ソ国境紛争が起こりましたが、その紛争の対象になった領土というのが、国境と決めていたアムール川にできた中洲をどちらの所有にするかということでした。

で、その土地の経済的価値に到底見合わない軍事費や損害を出してまで互いに自分の主張を通そうとするわけです。

領土問題となるとその瞬間に熱烈な愛国者になって、声高に勇ましいことを叫び始めるひとが多いのは、どこの国も同じです。

日本はロシア、中国、韓国との間で領土問題を抱えていますが、ロシアも中国も韓国も、それとは別の領土問題をそれぞれ抱えていて、こっちで妥協すれば、あっちでも妥協せざるをえなくなるということで、互いに一歩も引かず、にらみあったまま時間だけが過ぎていきます。

イギリスはアルゼンチンとの間でフォークラランド諸島の帰属をめぐって1982年に戦争を起こしていますが、今回も、スペインへの武力行使も辞さないと拳をふりあげているおバカな国会議員がいたりもしています。

仏舎利塔と鳥居

正月は初詣に行く人も多いでしょうが、たまに行く散歩コースの里山の途中でみかける光景。

IMG_0192

太陽は夕日なので、写真の奥が西になります。

手前の暗いところは新しく造成された墓地。その階段を上っていくと、

なんと――

IMG_0197

小ぶりだけど立派な鳥居があって、その先に仏舎利塔が見えています。

鳥居は神社の入口にあるもので、仏舎利塔は仏陀の遺骨を納めたところなので(日本では実際には仏陀の骨は入っていないところがほとんどでしょうが)、なんか、けっこう違和感も、、、

ま、もともと日本は神仏習合というか神仏混淆だったのが、明治になって神仏分離をするようになったので、これが本来の姿?

明けましておめでとうございます

20190101_countrylife

新年がなぜめでたいのか、いまだによくわかりませんが、なんとか新しい年を迎えることができた――それについての感謝でしょうか。

やりたいことは山ほどあるのに、人生の残り時間は刻々と少なくなっていくって状況で、昨年末からタスクマネジメントのアプリを使っています。道具でどうにかなるんなら、とっくにできているような気もするのだけれども、、、

遊びに関しては、ヨットのセールも新しくなったので、とりあえず、今年はできるだけ海に出よう(船に行くだけじゃなくて舫いを解いて出港しよう)と思っています。

今年はスタンドアップパドルボードにも乗れるようになりたいですね。

海に道が、、、

有明海に浮かぶ高杢島(たかもくじま)

DSCN0001

時間がたつと、

DSCN0061

手前の島(樋合島)陸続きに。

この海の道をたどって島に渡ってふりかえると

DSCN0081

こんな感じで、けっこう幅の広い道が出現します。

旧約聖書の出エジプト記で、迫害されたイスラエルの民を率いたモーセがエジプト軍に追われたときに「海が割れた」という話が思い出されます。

この海の道を渡った先の高杢島は昔の小火山で、神社の鳥居をすぎて先に進むともう一つ鳥居があって、頂上まで道が通じていて、歩いて15分ほどです。

DSCN0073

島に咲いていたサボテンの花

DSCN0068

彼岸花

秋になると、種をまいた記憶はないのに、なぜか庭に彼岸花が咲きます。

2018-09-17 12.55.08s

こちらは黄色と白の二色が同居。

IMG_0131

家の脇の里道(人は通らない)には赤色の花が、、、

IMG_0123s

やはりこの赤のものが本来の曼珠沙華という感じがしますね。

昔、墓のまわりに多かった印象があるのは、彼岸花には毒があって、土葬された遺体に動物を近づけないためだとい説もありますが、、、

クラゲ

ヨットを係留している港の桟橋で見かけたクラゲです。

2018-09-11 15.00.22s

一番ポピュラーなミズクラゲ。

雲を背景に、上半分にヨット、下に撮影者が反射して映っています。

IMG_0015s

こちらはタコクラゲ。茶色っぽいのから白っぽいのまで、いろいろいます。