ブログ再開

2年前に母親の手術と長期入院、葬儀と続いたので、中断していたが、今年、一周忌もすんだので再開。

仕事は相変わらずフリーランスの翻訳だが、この夏に電子書籍専門の出版社「エイティエル出版」(Advanced Techno-lingual Publishing)を立ち上げ、9月2日に最初の本がでる予定(アマゾンで購入可能なキンドル版)。

明日は佐世保の鹿子前にヨットを見に行く予定。

先代の24フィートの逍遙から現在は30フィートの逍遙に乗り換えて数年経過し、昨年は熱中症(?)で救急車のお世話になったりもしたので、暑さ対策でドジャーやビミニトップを新調したばかり、、、

P1020499s

と、ここまで書いて、写真をアップロードしようとしたところ、写真のサイズは1MGまでという制限があるそうで、縮小して再アップロード、、、

しかし、最古参のブログサイトとはいえ、いまどき1MGまでとは、スマートフォンの写真も送れない、、、

ブログ人が廃止になるとかで、こちらに移ってきたというのに、また移らざるをえないのだろうか?

季節外れの朝顔

DATE: 10/02/2012 09:41:26 AM

九月の後半は、高齢の母親の入院・手術でばたばたしていたが、今朝、ふと気がつくと、庭の隅に一輪の朝顔が咲いていた。

Pa010049
今週末の天草カップヨットレースには現場にいけるか微妙。

昨年まではレースをしたり裏方をしたりで、ほぼ二十年皆勤賞だったが、、、
とりあえず、成績を計算するエクセルファイルを今年の担当者に渡し、陸上で成績を出すくらいのお手伝いはできるかもしれないが、、、

なお、このレースは今年で第27回だが、今年で最後になる可能性が高い。

十年以上前から「今年が最後かも」言い続けて、なにやらオオカミ少年みたいになっていたのだが、今回は本当になるかも──(正式決定は来年の理事会・総会で)。

以前の「今年が最後」の理由はお金。財政難のため集客力が弱い事業には金は出さないということで市からの補助が打ち切られたため、クラブで赤字分を補てんしていたのだが、弱小クラブには金銭的な負担が大きく、もうやめよう、その分をもっと若い人向けの活動にといっていたのだが、ここ数年は、会員の高齢化で運営側の人手が足りず、一部の人間にのみ大きな負担がかかっていて、綱渡り状態。

会員数30人足らずの小さなクラブで、この九月だけで二名が病気とケガで入院(すでに退院)、昨年まで本部艇でレース艇を追いかけながら写真を撮ってもらっていた人も親の介護で出られないということで、今回は運営側には団塊の世代が片手の指で数えてもまだ余るほどの人数しか確保できず、この人数で回航マーク打ちとフィニッシュのアウターマーク設定、本部艇での記録づけ、賞状作成、賞品等の買い出し、後夜祭の手配等をやらなければならない。

今回は浦島杯と合同になったので、スタートはKYC(成合津)でやってもらうことになって助かったが、スタートまで全部こちらでやるとなると、本部艇になるボートの手配も含めて非常に厳しい状況。

ちなみに、熊本のヨット情報はこちら(セーリングネットワーク熊本)から
http://snk.main.jp/

レースの写真を集めたアルバムサイトはこちら
http://picasaweb.google.com/SailingNetworkKumamoto/

ネガティブなことばかり言っていてもしょうがないので、こちらは昨日、泊地のポンツーンのFreedomRun氏のカゴに入っていたイカ。

20121001_145933

手ブレでちょっと見にくいが、うまそうなイカです。

これは、釣り具屋にあるエギというピンクとか赤の疑似餌で簡単に釣れるし、味もいいので、秋の遊びにおすすめ(エギは百円ショップにもあるかも)。

釣り方はエギングで検索すれば、詳しいサイトがいくらでも出てくるが、要は、糸の先にエギをつけて、堤防から投げて、ゆっくりリールを巻いて手前に引いてくるだけ。

重くなったらイカが乗ってます。イカがいる場所を選ぶのが肝心だけど、釣り自体はブラックバスなどより簡単。

ちなみにブラックバスを釣ったら、キャッチアンドリリースなどせずに、がんがん食べよう(生態系をこわして在来種を絶滅させるので)。油で揚げると(二度揚げ)すると、まあまあ食べられる。

スズメバチ

DATE: 09/11/2012 11:52:52 AM

宮崎県都城市の女性(85)が、自宅の庭でスズメバチに全身を約100カ所刺され死亡したってニュース、他人事じゃない。

というのも、うちの二階の屋根裏にキイロスズメバチが巣を作っていて、この夏に業者さんに処理してもらったばかりだったから。ホームセンターでスズメバチ用の殺虫スプレーも買ってはきたものの、屋根裏ではどうしようもなくて、市役所経由で業者さんに来てもらって巣をとってもらった。屋根裏は作業しにくいので特別料金40000円也

こちらはそのとき買った殺虫剤

P9100030s

スズメバチに出番はなかったけど、それからまもなくして駐車場脇の植え込みにアシナガバチの巣があったので、こちらで使った。アシナガバチは、こちらが手を出さなければおとなしいのだけど、車のドアを開け閉めするところから1mほどだったので、暗くなってから噴霧しておいて、翌朝、片づけた。

お葬式

DATE: 09/09/2012 11:05:06 AM

同年代の葬儀に参列した。

禅宗だったのでお坊さんの数も多く、祭壇の作りも問題なく、司会者の「しみじみ個人をしのぶ」手なれた口調もよいのだが、なんなんだろう、この違和感って?

とくに「こんなに早く」という年齢で逝った人の葬儀では、遺族や周囲は悲しみにくれたり愕然としている暇もなく、葬祭会社・葬儀場のマニュアルに従って粛々と儀式を進行させるための準備に忙殺され「悲しんでいる暇もない」。

こういう場でいつも感じることは、葬式は後に残された者のためだということ。

一定の儀式でとりあえず社会的に折り合いをつけておいて、つまり社会的にけじめをつけて一件落着にしておかなければ、先に進めない。

そのあとで、それぞれの感懐にふけるのであれば自由にどうぞ、ということ。

いろいろな手続きや決めるべきことが多くて遺族が「悲しんでいる暇もない」というのは、それはそれで意味のあることだが、ひるがえって自分の場合はそういうことはさせたくないとも思う。こういうことが他人事じゃない年齢になって、後始末も考えておかなければ、という気にもなるが、人の葬儀に出ていながら、自分の場合に置き換えてあれこれと雑念がでてくるのも、われながら俗っぽすぎていやになる。

トライアスロン

DATE: 06/04/2012 05:49:34 PM

6月3日は第28回天草国際トライアスロンで、監視艇として逍遥で参加した。

海水浴場に設定されたスイムのコースの先端部から25m離れたところで係留。

こちらが沖から見たスタート風景
P6020074

男子エリートのスイム。和船はテレビ局(TKU)
P6020076_3

こちらはコースの先端(折り返し地点-沖側)
P6020073_2

P6020071

L-054の破損

DATE: 06/01/2012 11:26:31 AM

出先でネットに接続しているために使用していたデータ通信用端末のL-05Aがこわれてしまった。

ノートパソコンに差し込み、ヨットのチャートテーブルに載せて使用していて、椅子に座ろうとしたとき服が引っかかってUSBの差し込み口のところから折れてしまった。
P5310060

こちらは折れた部分を拡大したところ。
P5310061

メーカー保証期間は1年前に切れているが、通常使用での故障の場合、3年間はドコモショップに持ち込むと無償で修理してもらえるようだけど、こういう物理的な損傷は無理でしょうね。

代替品を入手するにしても、海上からライブ中継しようと思っていた今週末のトライアスロンには間に合わないみたい。

スイムのコースの近くに監視艇としてアンカーを打つ予定だけど、条件が良ければ、スマートフォンを使ってツイキャストで中継してみるかもしれない、、、

上架

DATE: 05/19/2012 06:52:57 PM

逍遥を大潮の満潮に合わせてホームポートの大矢崎で上架。
P5180049s

キス釣り

DATE: 05/13/2012 09:38:50 PM

今日は、ヨットクラブの釣り大会。実行責任者なので、賞品を用意したり、事前の準備に手間がかかるが、今年はバーベキューなどの飲食は自前で、としたので、省エネ・節約モードで楽だった。

午前九時ごろ出港して昼過ぎに寄港。

釣果は写真のとおり(20センチ前後のキス14匹+2匹)。竿を出したのは一年ぶりだけど、ま、こんなものか。

P5130037s

ウインドスクープ

DATE: 05/06/2012 05:55:20 PM

この派手な色のものは、ヨットのスピンネーカーと同じ生地でできていて、バウハッチからヨットのキャビンに風を取り込むもの。
20120504windsccop

エアコンがないので、これでどれくらい効果があるものなのか、、、

このウインドスクープの下端周辺では風が入ってくるが、キャビンの方まではなかなか風を感じるほどには流れてこない。