老水夫行

サミュエル・テイラー・コールリッジの傑作長編詩『老水夫行』の新訳を、海洋冒険文庫シリーズの1冊としてアマゾン Kindle版で刊行(訳者として本名を使用)。
(他の電子ブックフォーマットにも順次対応予定)
ancient mariner
以下は、「まえがき」の引用
----------—-
 『老水夫行(The Rime of the Ancient Mariner)』は、十八世紀後半のイングランドに生まれ、産業革命の時代を生きたサミュエル・テイラー・コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge)の幻想的な長編詩である。
 英詩として最も有名な作品の一つであるものの、「誰もが知っているが実際に読み通した人はほとんどいない」という典型例でもある。これは、すでに古典となった名作が共通してたどる宿命なのかもしれない。日本でも『源氏物語』を知らない人はいないだろうが、あの五十四帖すべてを読み通した人がほとんどいないのと同じだ。
 学校の授業で、辞書を引き引き、文法や解釈で先生に叱られつつ、重箱の隅をつつくような「鑑賞」をやった作品を、もう一度、読んでみようという気にならないのも当然ではある。
 とはいえ、源氏物語についても多くの作家が現代語訳に何度も取り組んでいるように、古典には現代にも通じるものがあり、読んだ者がそれを人に語らずにはいられない魅力(魔力?)があるのも事実である。だから古典として生き残っているわけだし、これを神棚に祭り上げてしまって素通りするのはもったいない。
  この長詩に出てくる罪と罰を象徴するアホウドリや幽霊船のイメージは、現代にも広く浸透している。詩に出てくる船も船乗りも海賊とは直接の関係はないのだが、この幽霊船のイメージは、製作側が意識するにしろ無意識であったにしろ、ディズニー映画の『パイレーツ・オブ・カリビアン』やアニメの『ワンピース』にも通じているところがある。
 というより、その根底にある生と死、罪と罰、呪いと復讐、魂の叫びと救済には共通したものがある、とさえ言える。
 酒の席の潤滑油たる雑学ないしトリビアとして言うと、コールリッジの同時代人だったシェリー夫人が書いた『フランケンシュタイン』にも、この老水夫が引用されている。自分は霧と雪の国へ行くが、コールリッジの老水夫のようにアホウドリを殺したりはしないので心配しないように、といった風に。
 訳者個人としては、この『老水夫行』は、ロッド・スチュワートのヒット曲『セイリング』(”Sailing”)のイメージと重なる。
 セイリングといっても、若い世代はあまりピンとこないかもしれないが、一九七〇年代に大ヒットしたブリティッシュロックの傑作だ(インターネットの動画サイトなどでは歌詞の字幕付で視聴もできるようだ)。正確に言うと、オリジナルはサザランド・ブラザースというイギリスのデュオの曲で、数年後にロッド・スチュワートがカバーして世界的な大ヒットになった。
 歌詞は、世界を放浪していた男が最後に、船に乗って海を越え(1番)、鳥のように空を渡り(2番)、故国へ(あなたの元へ)帰る、というものだ。この「あなたの元へ」は、ラブソングであれば恋人か妻か、はたまた母親かとなるところだが、いきなり夜の闇に沈んで死にかけている「私の声が聞こえますか」という呼びかけに転じ、「おお神よ、あなたの元へ」となって終わる。
 歌詞は、世界を放浪していた男が最後に、船に乗って海を越え(1番)、鳥のように空を渡り(2番)、故国へ(あなたの元へ)帰る、というものだ。この「あなたの元へ」は、ラブソングであれば恋人か妻か、はたまた母親かとなるところだが、いきなり夜の闇に沈んで死にかけている「私の声が聞こえますか」という呼びかけに転じ、「おお神よ、あなたの元へ」となって終わる。
 男と女や母と子の心の絆を歌っているのかと思って聞いていると、最後になって神に救いを求める者の心の叫びだったとわかる仕掛けになっている。
 東洋の非キリスト教徒たる訳者にとっては意外な展開に思えたが、コールリッジの『老水夫行』を読んだとき、「ああ、このイメージだったのか」と納得したものである。
 この古典となったロマン主義の詩とポピューラソングの歌詞の共通性を論じた説は寡聞にして知らないので、これは訳者の勝手な思い込みにすぎないのかもしれない。とはいえ、帆船と吉兆を示す鳥、嵐というイメージは、それほどにも一般的なものとして定着しているということだ。
 とまあ、つい、こういう面倒くさい能書きを言いたくなる作品なのだが、細かいことは「あとがき」をご覧いただくとして、まずは全体を読んでみてほしい。
 現代の読者の琴線にふれるところが少しでもあれば幸いである(こういう表現もくどいね。ま、絶対に損はしないから、読んでみてください!)。
-----—-