新刊紹介『コナン・ドイルの海洋ミステリーI』

新刊の紹介。
『コナン・ドイルの海洋ミステリーI[』(コナン・ドイル著、明瀬和弘訳、エイティエル出版)
index-img04

内容について、「はじめに」から引用。
名探偵シャーロック・ホームズの生みの親、コナン・ドイルの本業は医者で、患者が少なくて暇な時間に小説を書きはじめたという話はよく知られている。
彼はホームズ物以外にもさまざまな分野の小説を書いているのだが、その作品群は生前にテーマ別に整理され、ダーウィンの『種の起源』を出版したことでも知られるマレー社から刊行された。本書に収録した短編はそのうちの『海賊と青海原の物語』と題する一巻で「青海原」に分類されている六編である。幕末の横浜が舞台になっている作品も含まれていて見逃せない。
船乗りだったという説もあるシェークスピアの『テンペスト』を持ち出すまでもなく、英国の海洋文学は質量ともにきわめて豊富だが、ドイルの海洋ものもその伝統に恥じない。
それというのも、コナン・ドイルは医大生のときにアルバイトを兼ねて北大西洋の捕鯨船、卒業直後に西アフリカ航路の貨物船と、二度の長期航海に船医として乗りこんでおり、彼の海にまつわる話は、本で読んだだけの生半可な知識によるのではなく、実体験に裏打ちされているからである。
本書に収録した六編にホームズのような名探偵は登場しないが、いずれもミステリー仕立てになっているところは、いかにもコナン・ドイルらしい。
原著はコナン・ドイルの生前にさまざまな領域の作品をテーマ別に整理して刊行された10巻本の1つ Tales of Pirates and Blue Water からブルーウォーター編の6作。
—————
縞模様の宝物箱
ポールスター号の船長
樽工場の悪魔
ジェランドの航海
J・ハバクク・ジェフソンの陳述書
あの小さな四角い箱
—————
4番目の「ジェランドの航海」の舞台が幕末の横浜になっている。
貿易商の番頭が主人が江戸にいて不在なのをいいことに、会社の金をバクチで損した分の穴埋めに流用し、それがばれそうになったので、ヨットを買って太平洋を横断してアメリカまで逃げていこう……
という事件の顛末を描いた話(ネタバレにならないよう、これ以上は言わない)。
で、問題はこれが明治維新前の横浜だってことで、商売に来ている西洋人たちが港に自分用のヨットを持って楽しんでいたというのだが、こういうのって歴史の教科書では取り上げてくれない。
『日本ヨット史―文久元年~昭和20年』(白崎謙太郎著、舵社、昭和63年刊)によれば、
historyofyachtinjapan
横浜は日本のヨット発祥の地で、江戸時代末の浮世絵にもヨットらしいものが描かれているらしい。
使われたヨットはヨール(2本マストで後ろのミズンマストが低い。ケッチに似ているが、マストの位置が船尾(舵軸の後ろ))で、これは口絵に使われている百年以上前の明治時代の写真。ヨールは後ろのゴールデンハウンド号。
yawl
こんな感じのヨットだったと思われる。
吉田松陰なんかが黒船に乗り込もうとした頃からほんの十年ほど後にすぎないのに、もうこんなヨットが浮かぶようになっていた(ドイルによる創作だけど、史実とそれほどの違いはなさそう)わけで、あの頃というのは本当に激動の時代だったんだなとあらためてわかる。