いろいろと支払いを、、、

午前中、郵便局に行って、逍遙jr用の定置アンカーの代金を郵便局にATMから振り込み、小型船舶の中間検査の手数料(一万五千円弱)を窓口で払い込んだ。

もう一つ、何かお金がらみでやってないことがあったよなと考えていて、やっと思い出した。自動車税。

五月三十一日といえば、火星が地球に最接近するスーパーマーズだけど、もう一つ、自動車税の納付最終日でもある。

納税意識が高いわけじゃないが、どうせ払わなければならないものは払ってしまってすっきりしたいところ。

納付書を探したが、どうしても見つからない。そういう後処理が必要な郵便物が来ればわかるようになっているはずだけど、どこにもない。といって、納付した記憶もない。

車の車検証を見ると、はさまっていた自動車税納付書の受領書は去年の日付。

いよいよこんなことも覚えていないほど記憶力が薄れてきたか、再交付してもらうしかないかなと思いながら調べてみると、四月末からの地震で納付書自体の送付もなされていなくて、納期限も八月末に延期になっていた。
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15569.html

熊本地震から一カ月

地震のような災害が起きると、日常生活は激変するし、ワーク・ライフ・バランスなんて横文字のライフスタイルも簡単に崩れてしまう──のではあるけれど、実際にいろいろ経験してみると、人間というものはけっこう粘り強く生きていけるものだとも思う。

四月十四日の夜に一時間ほどの散歩から戻ってきて玄関に入ったところで、スマホの地震警報が鳴り、その直後(数秒後)に大きな揺れがきた。ゆっくりした横揺れ。

熊本で震度七ということで驚いたが、自宅付近は震度五弱で被害なし。この時点ではあまり深刻な感じは持っていなかった。

十五日の深夜──正確には十六日未明の本震で、状況が一変した。震源地付近の大きな被害の多くはこの二度目の地震で発生した──という印象。

四月末には寝袋持参で熊本市や益城町、熊本空港にも行ってみたが、一見して問題なさそうな住宅でも中に入ると家具や物が散乱し、目も当てられない。正直、家具の固定なんて対策として本当に効果あるのかなと思うほど、、、

大型連休後はボランティアも減り、絵になる被害の大きいところを競って取り上げていたメディアの報道も少しずつ地に足をつけてきたものになってきているので、そろそろ一過性ではない日常生活の情報発信の出番かなと思う。

自分について言えば、日常生活は地震前と同じでほとんど変化はない。しいてあげれば、寝室の家具の固定方法を見直しているくらい、、、

地震の直接的な影響はかなり局地的で、震源地から少し離れたところでは、ふだん通りの日常が続いている──という報告をここで少しだけ、、、

2016-04-26 16.03.05s
こちらは地震後も例年通り庭に咲いている花菖蒲(たぶん。アヤメではないと思う)。
2016-05-14 11.13.14ss
小さな島と小舟のある風景も同じ(五月)。

こちらは大型連休中に逍遥jr.での海上散歩で見た風景。
2016-05-01 14.01.49ssss
春の海 ひねもすのたりのたりかな(蕪村)

海は天候しだいで天国にもなれば地獄にもなるが、この日は限りなく天国に近かった。変わったことと言えば、今年の四月初めにザトウクジラの子が定置網にかかったのが、このあたり。

観光の柱の一つがイルカウォッチングになっているところなので、小さなクジラの目撃情報もあるが、ザトウクジラが迷いこむのは珍しい。
2016-04-04 18.25.42sss

こちらは久しぶりにやったボウリングのスコア
bowling-score-20160514
五ゲームの予定で、一、二ゲームを練習、三ゲーム目から本番……のつもりが、終盤に指の握力がなくなりボールを落とし気味になったので無理をせず三ゲームで終了。スコアはこんなもの。