プロフィール

岸田啓(きしだけい)1955年生まれ。早大法卒。天草諸島在住のフリーランス翻訳者。

コンピュータネットワーク草創期から、フリーランスの翻訳者として、ハイテクの利便性を活用しつつ田舎ぐらしを成立させてきた先駆者。仕事はデジタル技術を活用して効率よく処理し、プライベートはアナログの世界にどっぷりつかって、のんびり、ゆっくり ――

「デジタルとアナログの調和(ワーク・ライフ・バランスの実現)」と、
「人生の終着点に向かって、どう始末をつけていくか」が、現在のテーマ。

著書 『電脳田舎暮らしのススメ』(洋泉社、2001年。電子書籍の新版はエイティエル出版、2014年)。

時代の最先端のものほど古くなるのが早いので、新しい要望に応じなければと思いつつも、目先の「生きるための仕事」に追われて実現できないでいるため、こちらのブログで少しずつ現状をご紹介します。

なお、岸田は筆名で、実務翻訳や一般書籍の翻訳は本名で行っています。

お問い合わせについては、ブログの投稿にコメントの形でお願いします。

□ご用件
□お名前
返信先となるメールアドレス

折り返し、岸田の連絡先をお知らせします。
コメントはこちらで表示処理しないかぎり非表示となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です