スズメバチの巣と捕獲実験

うちは毎年、この時期になるとハチがよく巣を作るのだけど、今年もアシナガバチがベランダに巣を作っていた。

2018-05-17 _wasp

アシナガバチはおとなしいので、普通はそのままにしておくのだけど、場所が悪くて、よく行ったり来たりするところなので、ホームセンターで殺虫剤を買ってきて処分した。

ところが、よく調べると、その近くでスズメバチが巣を作っていた。それも二か所!

2018-05-17_hornet01

まだ女王バチ1匹で作りはじめたばかり。もう少し大きいのが近くにもう1個。

これくらいだったら自分で処分できる気もしたが、2か所あるので、市役所に電話して業者を紹介してもらい、その日の夕方にはとってもらった。簡単だったのでと、料金をまけてもらって金5000円。その業者さんは小学校からミツバチの巣の駆除を依頼されているということで、その足で小学校へ向かった。

そのときに、これくらいの小さい(女王バチ1匹)ときはスズメバチも攻撃性はあまりないので、自分で殺虫剤で取れますよ、ということだった。

そして、いま女王バチが巣作りをはじめるころだから、捕虫器を設置しておいて、巣を作る前に捕獲するといい、とペットボトルでの作り方を教えてくれた。

せっかくなので、比較実験してみようと、市販のハチ取り器も買ってきて比べてみた。

IMG_20180601_hornet05

左から「ハチ激取れ」というフマキラーの製品、ペットボトルの500ml、1リットル、2リットル

ペットボトルの中身は、業者さんは「ジュースでいい」といったが、ネット情報を参考にして、グレープジュース(濃縮果汁100%)と焼酎を半々に混ぜ、さらに砂糖を適当に加えてみた。2リットルのボトルでまとめて作って、小さいペットボトルに小分けしたので中身は3本とも同じ。

ハチの入り口として、ペットボトルにはカッターナイフで上の方に H の切れ込みを入れて(2リットルは4か所、他は2か所)、内側に押し込んだだけ。これを木の枝につるした。

設置場所はこんな感じ

IMG_20180520_hornet03フマキラー製品

2018-05-20_hornet021リットルボトル

2018-05-20_hornet042リットルボトル

1リットルボトルにはすぐに1匹入ったが、それからはどれにもなかなか入らなかった。発酵してにおいが出るまで時間がかかるみたい。

で、ほぼ2週間経過した本日、調べると、こんな感じで、大小はあるもののスズメバチが合計23匹とれていた。

IMG_20180601_hornet06

「激取れ」が3匹、500mlは0匹、
1リットルボトルが4匹、2リットルボトルが15匹。

というわけで、濃縮果汁のグレープジュース+焼酎+砂糖を入れた2リットルボトルの圧勝。

巣が大きくなって働きバチが増えると、今度は逆にハチを呼び寄せることになるらしいので、今回はこれで終了(ちなみに写真はクリックすると拡大しますが、おすすめはしません)。

ドライブレコーダーの不具合と解決策

車に後づけのドライブレコーダーに不具合が生じ、それが解決できたので、また同じ症状が出てきたときのための備忘としてメモしておく。

製品はユピテルのカメラ一体型ドライブレコーダー DRY-1000c。

これは以前につけていた同社のDRY-FH200が昨年秋にリコールされたため、代替品として送られてきたもの。

取り付けてから今年の3月ころまでは問題なく動作していたが、マイクロSDカードを新品に交換したところ、不具合が生じるようになった。

症状:
1. 画面が上下さかさま
2. 日本語が消えて説明の表示がすべて英語
3. 始動するたびに「SDカードがないので挿入するように」
 というエラーが表示されて録画されない。

1の「画面が上下さかさま」は、再生の必要ができたときにパソコンなどの再生する側のソフトで上下反転(90度×2=180度回転)させてやればよい(Windows付属のムービーメーカーなどでも簡単にできる)ので、実際的な支障はない。

2の「英語表示」は、上下逆ということはスペルも左右逆に読まなければならないので面倒だが、最初の設定をのぞけば、実際の運転でいじることはほとんどないので、これも問題なし。

実質的な問題点は、3の「始動するたびに(マイクロ)SDカードがありません」とエラーが出て録画されないやつ。

これはSDカードをいったん引き出して挿入しなおすと解消された。

が、車に乗ってエンジンをかけるたびにこれを強いられるのは結構うっとうしい。

というわけで、対策を探してみた。

説明書に書いてある「リセット」「初期化」では症状は解消されなかった。

ネットを検索すると、この製品に特有のエラーのようだが、具体的な解決策は書いてない(というか、ネットに出ている程度のことはやってみたが駄目だった)。

メーカーに照会したら交換してもらえたという書き込みがあったので、メーカーの照会用番号に電話してみると、説明書には記載されていないものの「工場出荷状態に戻せば解消します」ということで、電話で手順を教えてもらった。メーカーとしても問題が続いてQ&Aのデータ蓄積できてきていたのだろう。「ああ、その件ね」という感じで、さっと説明してもらい、その通りにしたら解消した。

というわけで、前置きが長くなったが、以下に「工場出荷状態に戻す」手順を忘れないようにメモしておく。

1 製品の電源を入れる(車でキーを入れてエンジンを始動させる)

2 [ OK ] を押してメニューを表示させ、一番上(反転しているので一番下)の端にある [ 歯車のアイコン] を選択して OK を押す。

[選択肢の移動は▲▼マークだったかな]

3 ページを 1/2、2/2 と移動し

4 [ リセット ] をOKする。

5 [ プロテクト ]しますかについては  NO を選択し、OKする。

以上で、めでたく復旧。

確定申告終了

eTaxで確定申告終了。

というか、オンラインでのデータ送信が終わってから、必要な資料を印刷して税務署まで持参。

去年も同じことをやった。全部オンラインで終わらせることができるはずなのに、一年前のことなんかすっかり忘れてしまっていて、同じところで手順を間違ってしまう。

というわけで、今年は来年用に手順を書いたメモを残しておいた。

eTaxのサイトは詳しすぎて、かえってわかりにくい。オンラインで入力の作業をする前に専用ソフトをダウンロードするか、インストール済みならば更新する必要があり、税務署から通知された納税者番号とパスワード、個人番号カードの番号とパスワードの二種類を事前に用意する必要があるので、結構ハードルは高い気がする。

こちらはホームセンターで年末に買った小さなしだれ梅の鉢の写真。
IMG_20180227_171945

積雪

強い寒波による久しぶりの大雪

P1020749

坂の途中にあるので、雪が降ると予測されるときには、2,3日動けなくてもいいように食料を買い込んでおくのだけれど、今回は積雪のあった2日とも午後には車で通れるようになった。

浮島

冬の風物詩として、冷え込んだ日には遠くの島が海面から浮いたように見えることがある。

浮島現象といって蜃気楼の一種らしいが、像は逆さではなく、海面と接する縁が丸くなって、宙に浮いているように見える。

IMG_0268s

左の宙に浮いている点のようなものは小さな岩礁で、実は右の島(こちらは底面がお盆の底のように丸く持ち上がっている)よりも、写真を撮った場所に近いところにある(右の大きい島の方が遠い)。

この地図で上から下(北から南)を見ている。写真で右側の大きな島が地図(航空写真)では左下、写真で左の小さな点が地図で中央上の島(というか岩礁)になる。

雨の日のボウリング

土曜の昼間に全日本女子プロボウリング選手権(http://www.jpba.or.jp/)の生中継をテレビでやっていたので、仕事のかたわらチラチラ眺めていたが、天気も悪いし、午後から船には行かず、港の脇にあるボウリング場で5ゲーム投げた。

5キロ前後のボールを抱えては小走りで投げるという動作を百回ほどやったので、結構汗をかいた。足も腰も痛くならなかったので、やれやれといったところ。

スコアはこちら

人に見せるほどのものではないが、現状のレベルはこれくらいという備忘をかねて。

1ゲーム目が143で、スコアは少しずつ上がって5ゲーム目が190。スポーツは地道に練習を継続しないと、上達しないどころか退化するという見本。

とはいえ、投げた感触ではスコアの一番悪い1ゲーム目が、ボールの回転もイメージ通りで、感触としては一番よかった。

ところが、だんだん手首がボールの重さに負けて折れるようになり、最後はほとんど曲がらず、とりあえずストレートでスペアを拾いにいって、190がやっと。

台風と増し舫い

今年はもう台風は来ないだろうと思っていたら、台風21号が北上してくるらしい。

直撃はなさそうだが、進路予測は台風対策をとる必要があるか微妙なコースになっている(米軍サイトの進路予測)。
wp2517
海上係留のヨットの台風対策としては、いろんな段階がある。
これは通常の係留状態。
IMG_0156

基本は係留ロープの数を増やし、セールは固縛するか、外して船内に収納する。

最大風速40mを超える台風が直撃しない場合の対策はこんな感じ。
IMG_20170917_162022
上の写真との違いは、まずブームをデッキまで下ろして、メインセールが入っているブームカバーごと縛り上げる。ジブはファーラーなので、セールは下ろさず、スピンハリヤードをジブセールの上からセールとは逆回転で巻き付けて、風をはらんで広がるのを防止する。それから、ドジャーの生地を取り外して骨組みだけにする。

台風の直撃が予想されるときは、メインセールもジブセールも取り外して船内に収納する。

台風5号と二重の虹

二重の虹

台風5号の強風圏に入っていた日曜の夕方、東の空が妙に明るくなって、虹がかかっていた。

しかも二重になっている。英語では double rainbow というが、日本語でどういうのか、ちょっとわからない。

肉眼ではもっと鮮明だったが、面白いのは、内側の本来の虹と外側の虹の色が逆になっていること。

二重の虹を見るのは吉兆という人もいる。
ま、こういうのは茶柱と同じかもしれないが、すなおに信じて少しの間でも幸福感が感じられれば、それだけ得をしたことになる。

「信じる者は救われる」は、あらゆる宗教、信条、信念に共通して存在する不可欠の要素だ。

台風5号はこちらにほとんど影響を残さず四国方面に去ったが、台風接近時に繰り返される光景がこちら。

天草上島と下島との間にある円形の池のようになったところ(水深は10m足らず)に、台風避泊の船舶があつまって錨泊している。

南北に広い海域とつながる細い航路があるだけで、波がほとんど立たないので、船舶の台風避泊に適している。

鬼池~口之津(島原半島)のフェリー(左端と右から2隻目)なども、わざわざここに避難してくる。左端のフェリーの右に見えているのは海保の巡視艇。

海図(C-Map)でみるとこんな感じ。この中央付近に停泊している。

北に本渡の瀬戸を抜けると有明海。右下が八代海。

マリントイレの修理

船のトイレが故障した。
モーターをまわして海水を吸い上げて排水する電動式なのだが、スイッチを入れてもウンともスンともいわない。
トイレは船上で故障して困るものの最上位にくる設備の一つだけど、陸上と違って電話一本で業者さんが駆けつけてくれるわけではないので、自分で原因を突き止めて、交換部品を取り寄せ、取り付けることになる。
ヨットは優雅なイメージがあるものの、電気や配管の知識や技術も見よう見まねで習得して自分で作業できるようにならないと、不安だらけで母港から離れられなくなってしまう。


左の扉を開けるとトイレ、右はロッカー。中央はシャワースペース。
ブーツが見えているところはフォクスルの入口(セールや救命胴衣などの物入れ)。

モーターが動かないのでマルチメーターで配線を調べると、異常はなく電気はきている。ヒューズも切れず、断線もない。となると、モーターだろうということで取り外し、さらに分解してみたのがこちら。

モーター内まで海水が浸入し錆びていた。
この段階でモーターの修理はあきらめて、交換用のキットをネットで調べて取り寄せた。

下側の青いシールが貼ってあるのがモーター(Jabsco製)。灰色の細い帯の先にインペラがあり、これを回転させて海水を循環させる。その先に両側に突き出しているのがホースとの連結部。その先の黒い円筒部分の内側ミキサーの刃のようなものがついている。
ホースの連結部を見てわかるように、直径は細めの水道ホースくらいしかないので、このカッターで粉砕して流す仕組み。
モーターは12vなので車用のギボシと電工ペンチで電線の端末処理をしておく。

新しいモーターを取り付ける前のトイレ。

本体を土台から外したところ

とにかく狭いので、モーターを外すためにトイレ本体を取り外さなければならない。

本体にモーターキットを取り付けて本体を元の位置に戻して固定し、給水用と排出用のホースと配線をつなぎなおす。

実は一度取り付けた交換用キットから水が漏れるため、交換用のものを再送付してもらったので、結局、三週間ほどかかった。費用は部品代と送料その他で34090円。