ドライブレコーダーの不具合と解決策

車に後づけのドライブレコーダーに不具合が生じ、それが解決できたので、また同じ症状が出てきたときのための備忘としてメモしておく。

製品はユピテルのカメラ一体型ドライブレコーダー DRY-1000c。

これは以前につけていた同社のDRY-FH200が昨年秋にリコールされたため、代替品として送られてきたもの。

取り付けてから今年の3月ころまでは問題なく動作していたが、マイクロSDカードを新品に交換したところ、不具合が生じるようになった。

症状:
1. 画面が上下さかさま
2. 日本語が消えて説明の表示がすべて英語
3. 始動するたびに「SDカードがないので挿入するように」
 というエラーが表示されて録画されない。

1の「画面が上下さかさま」は、再生の必要ができたときにパソコンなどの再生する側のソフトで上下反転(90度×2=180度回転)させてやればよい(Windows付属のムービーメーカーなどでも簡単にできる)ので、実際的な支障はない。

2の「英語表示」は、上下逆ということはスペルも左右逆に読まなければならないので面倒だが、最初の設定をのぞけば、実際の運転でいじることはほとんどないので、これも問題なし。

実質的な問題点は、3の「始動するたびに(マイクロ)SDカードがありません」とエラーが出て録画されないやつ。

これはSDカードをいったん引き出して挿入しなおすと解消された。

が、車に乗ってエンジンをかけるたびにこれを強いられるのは結構うっとうしい。

というわけで、対策を探してみた。

説明書に書いてある「リセット」「初期化」では症状は解消されなかった。

ネットを検索すると、この製品に特有のエラーのようだが、具体的な解決策は書いてない(というか、ネットに出ている程度のことはやってみたが駄目だった)。

メーカーに照会したら交換してもらえたという書き込みがあったので、メーカーの照会用番号に電話してみると、説明書には記載されていないものの「工場出荷状態に戻せば解消します」ということで、電話で手順を教えてもらった。メーカーとしても問題が続いてQ&Aのデータ蓄積できてきていたのだろう。「ああ、その件ね」という感じで、さっと説明してもらい、その通りにしたら解消した。

というわけで、前置きが長くなったが、以下に「工場出荷状態に戻す」手順を忘れないようにメモしておく。

1 製品の電源を入れる(車でキーを入れてエンジンを始動させる)

2 [ OK ] を押してメニューを表示させ、一番上(反転しているので一番下)の端にある [ 歯車のアイコン] を選択して OK を押す。

[選択肢の移動は▲▼マークだったかな]

3 ページを 1/2、2/2 と移動し

4 [ リセット ] をOKする。

5 [ プロテクト ]しますかについては  NO を選択し、OKする。

以上で、めでたく復旧。

キジ

自宅の周囲にはキジが代々住み着いている。

以前はケーン、ケーンというオスの鳴き声だけで、姿を見ることはほとんどなかったが、このところよく見かける。

たとえば、こんな感じ。

少し前の3月のものだけど、ドライブレコーダーに録画されていた。