海に道が、、、

有明海に浮かぶ高杢島(たかもくじま)

DSCN0001

時間がたつと、

DSCN0061

手前の島(樋合島)陸続きに。

この海の道をたどって島に渡ってふりかえると

DSCN0081

こんな感じで、けっこう幅の広い道が出現します。

旧約聖書の出エジプト記で、迫害されたイスラエルの民を率いたモーセがエジプト軍に追われたときに「海が割れた」という話が思い出されます。

この海の道を渡った先の高杢島は昔の小火山で、神社の鳥居をすぎて先に進むともう一つ鳥居があって、頂上まで道が通じていて、歩いて15分ほどです。

DSCN0073

島に咲いていたサボテンの花

DSCN0068