季節外れの朝顔

DATE: 10/02/2012 09:41:26 AM

九月の後半は、高齢の母親の入院・手術でばたばたしていたが、今朝、ふと気がつくと、庭の隅に一輪の朝顔が咲いていた。

Pa010049
今週末の天草カップヨットレースには現場にいけるか微妙。

昨年まではレースをしたり裏方をしたりで、ほぼ二十年皆勤賞だったが、、、
とりあえず、成績を計算するエクセルファイルを今年の担当者に渡し、陸上で成績を出すくらいのお手伝いはできるかもしれないが、、、

なお、このレースは今年で第27回だが、今年で最後になる可能性が高い。

十年以上前から「今年が最後かも」言い続けて、なにやらオオカミ少年みたいになっていたのだが、今回は本当になるかも──(正式決定は来年の理事会・総会で)。

以前の「今年が最後」の理由はお金。財政難のため集客力が弱い事業には金は出さないということで市からの補助が打ち切られたため、クラブで赤字分を補てんしていたのだが、弱小クラブには金銭的な負担が大きく、もうやめよう、その分をもっと若い人向けの活動にといっていたのだが、ここ数年は、会員の高齢化で運営側の人手が足りず、一部の人間にのみ大きな負担がかかっていて、綱渡り状態。

会員数30人足らずの小さなクラブで、この九月だけで二名が病気とケガで入院(すでに退院)、昨年まで本部艇でレース艇を追いかけながら写真を撮ってもらっていた人も親の介護で出られないということで、今回は運営側には団塊の世代が片手の指で数えてもまだ余るほどの人数しか確保できず、この人数で回航マーク打ちとフィニッシュのアウターマーク設定、本部艇での記録づけ、賞状作成、賞品等の買い出し、後夜祭の手配等をやらなければならない。

今回は浦島杯と合同になったので、スタートはKYC(成合津)でやってもらうことになって助かったが、スタートまで全部こちらでやるとなると、本部艇になるボートの手配も含めて非常に厳しい状況。

ちなみに、熊本のヨット情報はこちら(セーリングネットワーク熊本)から
https://snk.main.jp/

レースの写真を集めたアルバムサイトはこちら
https://picasaweb.google.com/SailingNetworkKumamoto/

ネガティブなことばかり言っていてもしょうがないので、こちらは昨日、泊地のポンツーンのFreedomRun氏のカゴに入っていたイカ。

20121001_145933

手ブレでちょっと見にくいが、うまそうなイカです。

これは、釣り具屋にあるエギというピンクとか赤の疑似餌で簡単に釣れるし、味もいいので、秋の遊びにおすすめ(エギは百円ショップにもあるかも)。

釣り方はエギングで検索すれば、詳しいサイトがいくらでも出てくるが、要は、糸の先にエギをつけて、堤防から投げて、ゆっくりリールを巻いて手前に引いてくるだけ。

重くなったらイカが乗ってます。イカがいる場所を選ぶのが肝心だけど、釣り自体はブラックバスなどより簡単。

ちなみにブラックバスを釣ったら、キャッチアンドリリースなどせずに、がんがん食べよう(生態系をこわして在来種を絶滅させるので)。油で揚げると(二度揚げ)すると、まあまあ食べられる。