ロングクルージング

ヨットといえば太平洋横断など人目を引くおおがかりな航海が連想されることが多いが、実際のヨット乗りの間では、退職後に時間の余裕ができたら、シャクトリムシのように沿岸ぞいに時間をかけて航海する日本一周などのロングクルージングの静かなブームがずっと続いている。
東日本大震災でその流れが途絶えたが、またこのところ数が増えてきている。
こちらは、いまうちのクラブの桟橋に寄港している大阪のヨット(シングルハンド)
ごきげんよう_201506
こちらは同じく千葉のヨット(ダブルハンド)
kazusa_201506
両艇とも、この後は天草上島と下島の間の瀬戸を通って甑島方面へ南下予定だが、今日は雨なのでまだ桟橋に係留中。